『居宅介護住宅改修』の助成制度

住宅改修工事では介護保険より助成金(補助金)を受けることが出来ます。

手摺りの取付けや段差解消等の工事を行う際に活用したらどうでしょう。

介護保険により20万円を限度とし、工事費用の9割を支給してくれる制度です。

要支援以上の認定が必要ですがランクに関わりなく助成金を受けることが出来ます。

 

流れとしては、

①まず介護支援専門員(ケアマネジャー)か各自治体に相談します。

②実際に現地で住宅改修の改善案を検討します。この時に私達も参加します。

③専門員が改修案の書類を、私が見積や図面を作成して申請手続きをします。

④許可がおりたら工事をし、完了の手続きをして、支給額を受け取ります。

 

この助成金のいいところは利用限度が1人1回だけでなく、1人20万円だという事。

例えば工事額5万円の住宅改修をして、

残り15万円分はまた次に必要となった時に利用出来るのです。

 

ムラケンは鯖江市の介護保険による住宅改修費の受領委任払い事業所として登録しています。

他にも鯖江市にはこの助成制度以外にも『要介護高齢者住宅改造助成事業』もあります。

高齢者にとって住まいのバリアフリー化は緊急課題です。

わからないことがあればお気軽にご相談下さいね。

リノベーション
大型リフォーム
新築
古民家再生

スタッフ

スタッフ
2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

株式会社 ムラケン
〒916-0056
福井県鯖江市住吉町3丁目4-5
TEL:0778-52-6389
FAX:0778-53-0362